FC2ブログ
中国茶ブログ【中国茶ぶくろ】トップページ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青山緑水 

今日、私は病院で出張中国語授業があるため、店舗は午後五時の営業とさせていただきます。

大変ご迷惑をお掛けいたしまして、申し訳ございません。


本日ご紹介する茶葉は、こちらの『青山緑水』(せいざんりょくすい)です。
青山緑水


この茶葉は「小葉苦丁」とも呼ばれていて、元々香露茶館で扱っている『苦丁茶』の芽で作られたお茶です。

生産地は、中国西南部・雲南省東烏蒙山一帯。当店の『青山緑水』は四川省産のものとなります。
モクセイ科の植物(苦丁茶)の新芽から作られる健康茶で、極上の野生苦丁茶の一種です。

お湯を注ぐと、きれいな薄緑色になりますが、更に今回の茶葉は今年採ったばかりの新茶ですので、より良い若々しい青っぽい色が出てきます。

青山緑水湯色


苦丁茶は文面上通り、とっても苦いお茶ですが、「青山緑水」は、苦丁茶の若芽のみつかわれているため、苦みの中の甘みが強く意外と飲みやすい健康茶です。
そして、最初の一煎はやや苦みがあり、二煎目から苦みがほとんど消え、少し渋みが強い緑茶のように飲めます。

中国の史料によると、二千年ほど前から飲まれているこの健康茶は、脂肪吸収や高血圧防止などの効果があると言われています。

香露茶館での価額は:
販売: 240円/10g
喫茶: 500円

健康第一の方には、本当に最適な一品だと思います。

(By 北京っ子)

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kourochakan.blog14.fc2.com/tb.php/388-c7a9ae83

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。